サービス案内

融資を成功させ事業を軌道に載せましょう

事業成功
事業を成功させるための第一関門は、綿密な事業計画を策定し創業融資を受けることです。
しかし、予定通りに資金を調達できたとしても必ずしも創業期をうまく乗り越えられるとは限りません。

創業融資には成功したものの、その後のよくある失敗事例としては、

融資を受けた直後に資金を使いきってしまった
予定外の支出が増えた
売上は確保できているのに利益が出ない

など枚挙にいとまがありませんが、これらの失敗例に共通することは、会社内で資金調達後の業績管理ができていないということです。

せっかく苦労して策定した事業計画であっても、会社の業績をタイムリーに把握し現状を客観的に分析できなければ資金調達後に「絵に描いた餅」で終わってしまいます。
創業融資を受けるために策定した事業計画は、少なくとも融資を実行した金融機関が吟味し実現可能であると判断したものですから、計画書に記載したとおりに事が運べばいずれは目標数値を達成できるでしょう。

業績管理体制を整えましょう

ビジネスには予期せぬことが起こるのが世の常ですので、事業計画書に記載されたことだけを愚直に実行するのでは不安定な創業期を乗り越えるのは困難なことでしょう。
創業期から成長期へと事業を軌道に乗せるためにはなるべく早く業績管理体制を整える、つまり予期せぬ出来事があっても計画と実績の差異を正確に把握し、原因を特定し、直ちに対応策を検討できるような体制にしておくことが望ましいと言えます。

不安定な創業期を乗り越え成功を収めることができた会社は、例外なく早い時期に自社で業績管理を行うことができるようになっています。予定外のことが起こっても自社の現状を的確に把握できていると臨機応変に対応でき、立ち直りも早く、大きなダメージを受けることなく成長路線に復帰できるのです。

これらの理由から、当事務所では創業融資を受けることのみに力を入れるのではなく、融資を受けた後の業績管理にも力を入れたサポートを実施しています。
また、税理士等の専門家が融資後の会社業績のモニタリングを行ったり、業績管理ができるように助言を行ったりすることは融資を受ける際に有利に働くことが多いので、このことからも当事務所ではお客様の業績管理支援にまで踏み込んだ創業融資のお手伝いを実施しております。
御社の創業融資を成功させて一日も早く事業を軌道に乗せるために、ぜひ、当事務所の創業融資・業績管理支援サービスを最大限にご活用いただきたいと思います。

創業融資サポートの内容

創業融資_無料相談
融資が受けられるかどうか事前に診断します。
自己資金の額、業務経験年数、借金の有無、信用棄損の有無、
これらが判断のポイントです。


⇒お電話での相談申込は 06-6945-1047
創業融資_事業計画書の記入
事業計画書のフォームを送付し、お客様に記入していただきます。
記入の仕方は事前にお伝えします。
創業融資_事業計画書の確認
記入いただいた事業計画書を基にヒアリングを行います。
計画数値等に無理や飛躍がないか確認し、
問題がある場合には計画の練り直しを行い完成させます。
創業融資_事前打合せ
金融機関担当者と当事務所代表が事前打合せを行います。
チェックポイントを確認し、問題のない状態で申込書と計画書を提出します。
創業融資_三者面談
融資に関する三者面談が行われます。
主に事業計画の妥当性について質問されますので、
しっかり受け答えできるよう準備万端で臨んでください。
創業融資_審査結果
1週間前程度で審査結果が通知されます。
融資可能であれば契約書が送られてきます。
創業融資_融資実行
契約書の返送から数日後、融資が実行され口座に入金されます。
入金後に成功時報酬をお支払いいただきます。

創業融資サポート(完全成功報酬制)

創業融資サポート
コンサルティング報酬
融資額の1.5%(最低報酬額5万円・税別)
税務顧問報酬
月額3万円(税別)より
決算報酬
18万円より
税務顧問報酬は、月間の仕訳数によって金額が変動します。

通常の税務顧問サービスに含まれるもの

・毎月の巡回監査業務
・自計化支援業務
・経営助言業務
・経営計画の策定支援業務
・予定申告業務
・決算業務(別料金)
・税理士法第33条の2の書面添付
・保険指導業務

オプション業務

上記以外の業務「年末調整業務」「法定調書作成業務」「税務調査立会い」などは、
オプション業務という位置づけとなります。
「相続税・贈与税」「自己株式評価業務」もオプション業務です。

税務顧問契約を伴わず、創業融資サポートのみを利用する場合は、
コンサルティング報酬として融資額の3%(最低報酬額10万円・税別)を、
完全成功報酬にて頂戴いたします。
scroll-to-top