創業期によくありがちな「新規事業」

会社の創業期(創業から3年未満くらいでしょうか)で、
よくありがちなことをお話してみます。

これは実によくありがちで陥りがちな所ですので、
本当に気を付けてください。

創業をして数年はとても大変です。
最初から順風満帆で事業が展開して行く、
発展して行くといった方も中にはいるかもしれませんが、
ほとんどの場合はそんなに上手くは行きません。

上手くは行かないというのは、
「予定していたよりも」とか「想像していたよりも」という意味です。

そのため、創業をしてから2年とか3年経つと、
少し焦ってくるのですね。

同時期に独立をした友人知人、
あるいは同年代の起業家の成功談などを耳にすると、
実にあせります。

そこで、「新規事業」をやって、
一発当ててやろう。
と、そういった思考に陥ってしまうのです。

「新規事業」そのものはとても良いのですね。
とても良いのですが、ここで気を付けた方が良いのは、
畑違いのことをやってはいけないということです。

今までやってきたことや知識、経験が全く活きないところで
新規事業をやろうとしたところで大抵上手く行きません。

でも、一発当ててやろうとすると、
どうしても「上手い話」とか「凄い話」に乗りたくなってしまう。

夢が想像でガンガン膨らむのです。

自分の得意分野ですと、
「そんな上手い話無いよ」とすぐにわかるようなことでも、
自分の知らない世界の儲け話になると、
とたんに疎くなりますので、良いところだけ耳に入れてしまい、
そっちの方向に引っ張られてしまいます。

もちろん、事業に余裕があったりですとか、
「新規事業展開」といったものを今までにもたくさんされているような
経験豊富な経営者であれば別です。

知らないことはやらない。
どんなに上手そうな話であっても基本のらない。

何故ならば「簡単に儲かる事業」が仮にあったとしたら、
あなたのところにだけその話が舞い込むなんてことはあり得ないからです。

もしやるのであれば、
本業に近いこと、本業に即したこと、
本業の幅をより広げるためのことをやった方が良いでしょう。

特に創業期の場合は。

税理士・士業の縁結び相談ボタン
サブコンテンツ

このページの先頭へ