金融機関からの資金調達に苦労した創業期

創業時に資金調達ができる人と、できない人といるわけです。金融機関からの資金調達に苦労した創業期

例えば不動産などの「担保」がある人や、
有力な「保証人」が居るような人。

そういう方は直ぐに大きな資金を調達することが出来たり、
創業時の辛い時期を比較的楽に過すことが出来るといえます。
(楽、ではないでしょうが)

世の中には「資金調達ができないなら事業をおこすな」と、
言うような方もいます。
確かにこれは正しい側面はあります。

しかし、私は完全にはそうは思いません。
確かに完全に一銭も無い状態からの起業は事実的に困難でありますが。

自信があれば無一文からスタートしても良いと思います。
もちろん自己責任のもと、ではありますけれども。

私の起業スタイルはほぼ無一文からのスタートでした。

サラリーマンとして在職時に費やした開業準備金が約100万円、
丸井のカード(笑)で30万円を借り入れてのスタート。

それがオオタキカクの原点です。
(よくそれで起業しようと思いましたよね。我ながら)

会社そのものは、在職時に設立しました。こっそりと。

私の場合、会社勤めをしながら毎月の給与の中から、
事業の立ち上げに必要な細かい設備を少しずつ整えて行きました。

例えば、レーザープリンターやFAX。名刺の作成や封筒印刷。
会社の法人印や代表印、かばんやボールペンも、新調したりなどしました。

なんだかんだといって「それなりに」お金はかかるので、
100%裸一貫でというわけでもありませんでしたかね。

とはいえ、何にしてもお金がありませんでしたので、
何事も非常に小さく小さく生み出しました。

サラリーマン時代であれば稟議さえ通れば数十万、数百万の販促活動も、
しゅっと出来たりしたものでしたが、いざ自分で実行するとなると、
数千円から、数万円の販促活動でもかなりドキドキしたものです。

五千円の広告宣伝費で、
一万円稼げるだろうか?とか五千円が回収できるだろうか?
とかって考えるわけです。

今考えれば小さすぎてテコになりませんから、
どうなんだと思いますが当時は本気で真剣でした。

きっと法人になったら資金の借入はかんたんにできるだろう。
私、最初そのように考えていたのです。

しかしそんな甘い見込みは創業後に直ぐ崩れ去りました。
まぁ早い話が借りられませんでした。
鼻で笑われました。(笑)

ここら辺はまた別の機会にお話ししたいと思いますが、
実績が無ければ先行きがないという時期を過しました。

当時は事業計画もしっかりとしたものではなく、
本当に「お絵かき」のようなものであったことを覚えています。

当時は「貸してくれなかった!」と
金融機関に対して マイナスのイメージを持ったりもしましたが、
今考えると、借りることができるはずがなかった。

と妙に納得できます。

もぅとにかく全てにおいて考え方が「甘く」、どんだけ見込み発射だったのか、
穴があったら入りたいくらいです。

自己資金が無く、保証人もいない、 資格を持っているわけでもなく、
創業したてで実績も無い。

そんな人に資金を貸し与える方がおかしいです。

弊社が金融機関から借入することができたのは、
創業からおよそ1年後の時期でした。

でも、何も無いところからスタートして、何とか会社としての形を成してきた今、
創業当初にいきなり多額の資金調達が「出来なくて」良かった。

と感じることがあります。

いきなり大きなお金を動かすことが出来る人も中には居るかもしれませんが、
多くの人は、お金の「使い方」が分からないで、
無駄遣いをしてしまい、資金繰りが悪化していってしまいます。

例えばいきなり大きなオフィスを借りちゃったりとか、
従業員を何人も採用しちゃったりとか・・・。

なので手堅く行くのにはやはり「小さく生み出すこと」が大切なのだと思います。
先人の経営者たちも「小さく生み出せ」とはなかなか良いことを言っています。

税理士・士業の縁結び相談ボタン
サブコンテンツ

このページの先頭へ