あなたの会社の総責任者は誰ですか?

雨が降っても槍が降っても。総合責任者は誰ですか
不景気でも。取引先が倒産しても。

全部の責任は経営者にある。
と、私は前職の社長からそのように教わってきた。

アタマでは分かっていたつもりだったが、
創業後しばらくは多分、分かっていなかったと思う。

都合の悪いことが起きると、何かのせい、誰かのせいにしたくなるのだ。

その都度思い出す。
「全部社長の責任なんですよ!」という前の会社の社長の言葉。

サラリーマンという職種は、自分の身を守るために、
常に誰かのせいにし続けないと生きて行けない。

責任転嫁上手が出世上手だったりもする。
(ここら辺は我ながらちょっと屈折していたかもしれません(笑)
独立して9年目にこの記事に追記している本人談)

大なり小なりそういう側面があるものだから、
その空気に慣れてしまう。

知らず知らずのうちに、その環境にいると、
自分もそのようになってしまいがちだ。

これは経営者なら分かってもらえると思う。
でも。気をつけて欲しい。

サラリーマンの頃のように常に誰かのせいにしても、
何も変わらない。出世もしない。給料も上がらない。

あなたの会社ではあなたがトップだ。
そして総責任者だ。

サラリーマンの頃さんざん口をついた台詞。

「社長もなぁ~・・・」

親の心子知らずとはよく言ったもので、
正直、その環境になってみないと、
経営者の苦労や苦悩というものは分からない。

私は会社勤務をしていた頃から「自分で会社をやりたい」ということを、
公言していたので、社長からはよくこういわれた。

「社長業は無間地獄。何故進んでその道に行くのか理解に苦しむ」と。

「まぁでもやってみないと分からないもんな!」といった感じだった。

その時はそんなに気にもとめなかったのだが、
今になって思えばなかなか核心を突いた言葉だ。と思う。

無間地獄、か。(笑)

しかし、しかしだ。

経営者連中の中には結構な割合で、人のせいにする人が存在する。

何か都合が悪くなると「責任転嫁」をする人だ。

自分自身「絶対に責任転嫁はしない!」と言い切ることは出来ないが、
その私から見ても「え、それって社長の責任なんじゃ・・・」ということはよくある。

不思議である。
でも、これから創業する方々にはそうはなって欲しくないと思います。

全部自己責任!

都合の悪いことが起きても自分の責任!
だからこそ、やりがいがあるし、頑張れるってものでしょう。

私はそう思います。

事業に成功している経営者は責任転嫁なんて絶対にしない。
常に自己反省を自分で行うことが出来る。そういう人たちが成功する。

と、思い込むことにしています。

税理士・士業の縁結び相談ボタン
サブコンテンツ

このページの先頭へ