創業社長が注意すべき落とし穴

創業社長。創業社長が注意すべき落とし穴

社長とはいえ、創業時は赤ん坊のような感じです。
無論これは先輩(ベテラン)経営者と比較した時の話です。

起業して3年の経営者よりも、10年の経営者の方が、
凄い。経験豊富で深みがある。ということが多いですね。

何よりもそれだけ事業を継続させているということ自体が凄い。

さて、そんな赤ちゃん同然の創業社長。

創業時は、サラリーマンから経営者になったことで、
「自分って少し偉くなったかも」という錯覚を抱きやすいです。

偉くなったかも、というと怒られてしまうかもしれませんが、
「これで好き勝手にできるぞ」といった手ごたえと申しますか、
サラリーマンとの比較で、今の自分を鼓舞するような傾向があります。

実は私がそうでした。

新規創業者は、営業マンや営業会社からすると、
大変良い市場であると見られているケースがあります。

事務機販売や商品先物、各種営業サービス、
SEO関連のサービスなどなどなど。

事業を始めたばかりで、まだこれから色々と揃えていく必要がある、
というのもありますが、なによりも経験不足なケースが多いですので、
営業マンの軽快なトークに上手いこと丸め込まれやすいのですね。

創業時に資金調達が上手に出来てしまった人などは、
資金に余裕がある(ように感じてしまっている)ので、
特に狙われやすいしお金を使ってしまいがちでもあります。

使ってしまいますよね。手元にあると。。。

何年か会社を自分でやっていると、
必要なものか、不要なものか、ある程度即時に判断が出来るようになります。

特に必要ないものに関しては早いですね。

ところが、創業当初は「営業された経験」というものが極端に無いので、
営業されることそのものに「酔って」しまったり、
多くの人たち(営業の人たち)に出会えることが、
なんだか事業が膨らんでいくような気がしたりなどもする。

もちろん業種業態によっては、そうやって大きくなる会社もあるのだろうが、
一般的には「営業をされること」は自社の売上増には貢献しない。

全く貢献しないのだ。

相手も営業なので、自社の商品やサービスの話などをすれば、
「紹介しますよ!」とか「変わりに売ってきますよ!」といったようなことを言う。

が、それはリップサービスであって、営業マンの仕事は自社の商品を、
あなたに買ってもらうことなのだから、気をつけなければいけない。

そんなわけで、創業社長はとにかく気をつけなければいけない。

創業直後に、いきなりでかい設備投資をしたために、
事業を立ち上げる営業にまで資金が回らなくなってしまい、
大変苦労されるといった社長にはたくさんお目にかかります。

従って注意しなければいけない。

創業した時点で、サラリーマンとは別世界の住人になったわけだ。
ルールも常識も全てが異なる世界だ。

この新しい世界の中では、私たちが今まで培ってきた常識は、
ほとんど通用しない。

サラリーマン時代の常識は、経営者になったら非常識になりかねないのだ。
そこら辺の覚悟が創業時には必要になる。

私の経験上、そのような気がします。

税理士・士業の縁結び相談ボタン
サブコンテンツ

このページの先頭へ