独立直後に経営資源を揃えない方が良い?

ここでいう経営資源とは、経営資源は揃えない
「サラリーマンの時は当たり前のように会社にあったようなもの」
のことを指してみます。

例えば、業務用コピー機、FAX機。
これなどは無い無いで起業した人などは、最初から揃える必要は無い。
かもしれません。

何故ならば、実際そんなに使わないからだ。

お客様もいないのに、そんな所にお金を使うのは無駄だ。
なので、家庭用レーザープリンター、家庭用FAX機で十分です。

それと同じ理由で電話機だって、家庭用で十分。(最初は、ですよ?)
机だって、極端な話みかん箱でもOKです。

最初から従業員を雇い入れるといったような、
業務形態でなければですが、実際はそんなもんで良いのです。

と、そのような具合に、
最初からすべてのものを揃えようと揃えようとしない方が良い。

無論、業種にもよると思いますが、
まずは売上を上げなければ設備には投資出来ないわけですから。
(飲食店なども場合は事情が異なると思います)

「あった方が良い」というものと「無いと困るもの」をしっかりと分類し、
見た目にこだわらず、目的とする結果を導き出す手段を選択する。

だから、事務所だって最初は自宅で十分。
・・・などとやっていくと、じゃぁ名刺は?
とか封筒は?とかといった話になる。

ここまで書いておいてなんなんだけれど、
「あった方がいいもの」と「無いと困るもの」の分類は、
個人差があるわけですね。

私の場合は「事務所は自宅」「家庭用のレーザーコピー」「家庭用の電話・FAX」など、
設備や機器類にはあまりお金をかけなかった。

そのかわり、ロゴマークの制作や名刺、封筒などにはお金を(ちょっとだけ)かけた。
より営業に直結するツールだと思ったので、その部分にはお金を回す。

営業に直結しない部分は安上がりに済ませる。
そういう判断基準は業種業態や好みによるので、
実は一概には言いきれません。

が、ひとつ確実に言えることがある。

それは「無駄遣いをしてはいけない」ということ。

もともとお金がなければ、使う事もない(私の場合これ)ですが、
最初からある程度まとまったお金がある場合、
どこにいくら投入するのか、は、結構慎重にならないと危ない。

なぜかいきなり大きな事務所を借りてしまい、
なぜかいきなり営業マンを何人も雇い入れ、
なぜかいきなりPCやデスクなど揃っていて、
という起業家も、実際いる。

でも残念ながら、長く続かないケースの方が多い。

先行投資というのは確かに必要なのだが、
あまりにも先行しすぎてしまい、売上がいつまでたっても上がらない。

というケースがほとんど。

様々なケースがあるので、全否定はできないし、しないけれど、
元手のない人は真似してはいけない。

私は事務所を借りたのも、
業務用のコピー機を入れたのも、業務用電話機を入れたのも、
全て創業から1年後の時だった。

完全に軌道に乗って、という時でもなかったが、
会社を大きくしたかったし、仕事の質を変えて行きたかったので、
それに伴って設備投資をした。

創業時は赤ん坊ですから、まずは成長しないといけない。

すくすくと。

なのでどうにもこうにも、時間がかかるものです。

ぐんぐん順風満帆に会社が伸びまくって、儲かりまくれば、
それにこしたことはないのですが、実際はなかなか難しいですよね!

最初の数年は分相応に活動するのがポイントだと思います!

税理士・士業の縁結び相談ボタン
サブコンテンツ

このページの先頭へ