【衝撃の事実!税理士が監修】会社員の副業で20万円からも確定申告必要!?経費にできる科目の知って得するワザと、難解な確定申告の流れも完全解説!

副業で稼いだら、確定申告が必要!?

白色申告と青色申告の違いと副業にどう影響する?

会社員でも青色申告は可能なの?

確定申告、意外と得?節税のメリットとは

例外もいる!確定申告が不要なケース

副業で年収20万円以下でも確定申告が必要になる場合の注意点!

副業を隠す方法~勤め先への報告のタイミング

副業の種類ごとに見た、確定申告の手続き方法

自由系副業・フリーランス編

サラリーマン・アルバイト編

フランチャイズオーナー編

不動産投資家編

証券投資・FX・仮想通貨トレーダー編

確定申告までの手順~4つの申告方法

窓口での申告方法

郵送での申告方法

PCやスマホでのオンライン申告方法

全部任せてしまう税理士依頼の方法

確定申告を社内秘密にする方法とは?

確定申告を怠ったらどうなる?―知っておくべきペナルティ

確定申告、それほど難しくない!締めくくりに

副業で稼いだら、確定申告が必要!?

会社員が副業で収入を得ることは今や当たり前の時代になりました。しかし、副業をする際には確定申告が必要ということを知っていますか?副業で稼いだ収入は所得として認められ、確定申告をしなければなりません。たとえ収入が20万円以下でも、確定申告が必要な場合もあります。例えば、経費にできる科目を知っておくことで、確定申告額を減らすことができます。確定申告の流れも理解しておくことは大切です。本記事では、副業での確定申告について解説します。

白色申告と青色申告の違いと副業にどう影響する?

会社員が副業をする場合、確定申告が必要になることをご存知ですか?副業の収入によって、所得税や住民税が発生する場合があります。では、具体的にどのような副業で確定申告が必要になるのでしょうか?まず、青色申告と白色申告の違いを知っておくことが重要です。

青色申告は、個人事業主としての所得とも言われ、副業での収入が一定額を超える場合に適用されます。一方、白色申告は、副業の収入が少額である場合に適用されます。具体的には、年間で20万円を超えない場合に発生する収入です。

では、青色申告と白色申告ではどのような違いがあるのでしょうか?まず、青色申告では、事業の経費に関する控除が行えます。具体的には、副業に関連する経費や交通費、家賃、広告費などが控除対象となります。これによって、所得を減らすことができ、税金を節約することができます。

一方、白色申告では、経費の控除ができません。つまり、副業に関連する費用はすべて自己負担となります。しかし、白色申告であっても、副業の収入が20万円以上の場合には、確定申告が必要となります。副業での収入が少額であっても、きちんと計算して申告する必要があるのです。

以上が、白色申告と青色申告の違いと副業における影響です。副業をする際には、自分の収入や経費を正確に把握し、必要な場合には確定申告をすることが大切です。

会社員でも青色申告は可能なの?

会社員の副業をしている場合でも、青色申告は可能です。青色申告とは、所得税と住民税の申告を、給与所得以外の所得(副業の所得など)に対して行う方法です。青色申告をすることで、副業の経費を確定申告できるため、税金を節約することができます。具体的には、副業にかかった交通費や通信費、資料代、広告費などが経費として申告できます。ただし、経費として申告するには、支払いの際に領収書や請求書を保存しておく必要があります。また、副業の収入に対しては、源泉徴収が行われないため、自分で確定申告を行う必要があります。青色申告をする場合は、給与所得者の確定申告書(青色申告承認申告書B)を用いて申告します。青色申告をすることで、副業の収入に関する控除や特別控除を受けることも可能です。ただし、控除の詳細などは税理士に相談することをおすすめします。

確定申告、意外と得?節税のメリットとは

副業で収入を得た場合、確定申告をすることで節税のメリットがあります。確定申告によって、副業でかかった経費を控除することができます。例えば、副業で使用しているパソコンや携帯電話の通信費、広告宣伝費などは、経費として申告することができます。これによって、副業の収入から経費を差し引いた金額が課税対象の所得となり、税金を節約することができます。また、特定の経費については所得に対する控除が受けられる場合もあります。例えば、医療費控除や教育費控除などがあります。これらの控除を利用することで、より多くの税金を節約することができます。

例外もいる!確定申告が不要なケース

会社員の副業であっても、必ずしも確定申告が必要なわけではありません。確定申告が不要なケースもいくつか存在します。まず、副業での所得が年間20万円以下の場合は確定申告の必要はありません。しかし、この場合でも注意が必要です。副業の収入が20万円以下でも、本業の収入が合計で200万円以上の場合は、確定申告が必要になる可能性があります。また、副業の収入が1つの事業からのみで、他に本業の収入がない場合も確定申告が不要となります。

副業で年収20万円以下でも確定申告が必要になる場合の注意点!

副業をして年収が20万円以下であっても、確定申告が必要なケースがあります。一般的な考え方では、年収が20万円以下の場合は確定申告の対象外とされていますが、副業をしている場合は異なります。

所得税法では、一定の金額を超える所得がある場合には確定申告が必要とされています。副業で20万円以下の収入がある場合でも、他の源泉徴収されていない所得がある場合は確定申告が必要になることがあります。

例えば、同時にアルバイトをしている場合やフリーランスとしての収入がある場合などです。副業で20万円以下の収入があっても、他の所得がある場合には確定申告が必要となります。

副業で20万円以下の収入があっても確定申告が必要になる場合、注意が必要です。こういったケースでは、確定申告を怠ると、源泉徴収されていない所得に関して税金がかかる可能性があります。そして、税務署からの指導や追徴課税などのペナルティを受けることもあります。

副業をしている場合は、年収がいくらであっても確定申告の必要性をしっかりと把握することが重要です。また、所得が20万円以下でも確定申告が必要な場合は、納税額に注意しながら申告手続きを行いましょう。

副業を隠す方法~勤め先への報告のタイミング

副業を持つことは、多くの会社で許可が必要です。しかし、会社に副業を隠した方がいい場合もあります。たとえば、会社のルールで副業が禁止されている場合や、会社の上司や同僚に副業を知られたくない場合です。副業を隠すためには、報告のタイミングをうまく選ぶことが重要です。一般的には、職場でのパフォーマンスが良くなることや、会社の利益につながることを示す結果を出した後に報告するのが良いでしょう。また、上司や同僚との関係が良好な場合は、副業に関する相談をすることも一つの手です。しかし、絶対に副業を隠さなければならない理由がある場合は、十分に注意して行動する必要があります。

副業の種類ごとに見た、確定申告の手続き方法

副業をしている場合、確定申告が必要になることは知っていましたか?しかし、副業の種類や収入額によって、手続き方法が異なることをご存知でしょうか?ここでは、主な副業の種類ごとに見た、確定申告の手続き方法をご紹介します。

フリーランスで副業をしている場合

まず、フリーランスで副業をしている場合は、所得の総額によって青色申告か白色申告を選ぶことができます。青色申告を選んだ場合は、所得金額に応じた税率が適用され、経費の範囲も広がります。一方、白色申告を選んだ場合は、所得金額に関わらず20%の一律税率が適用されます。

アルバイトで副業をしている場合

アルバイトで副業をしている場合は、通常の所得と同様に確定申告を行います。アルバイトの給与明細には源泉徴収されているため、確定申告の際には給与所得控除の申告が必要です。

フランチャイズ経営による副業の場合

フランチャイズ経営による副業の場合は、フランチャイズ契約によって事業所得となります。事業所得の場合は、経費の必要書類を準備し、確定申告を行います。

不動産投資による収入がある場合

不動産投資による収入がある場合、家賃収入は不動産所得として申告する必要があります。収入から賃貸経費を差し引いた金額が所得となり、これにより課税されます。

株式投資・FX・仮想通貨による収入がある場合

株式投資・FX・仮想通貨による収入がある場合は、当該の所得を申告する必要があります。具体的には、譲渡所得として申告し、収益となった金額から必要経費を差し引きます。

自由系副業・フリーランス編

自由系副業やフリーランスの場合、副業収入を得た場合には確定申告が必要です。自由系副業とは、自分自身が商品やサービスを提供し、報酬を得る形態の副業です。例えば、イラストやデザインの仕事を受注し、報酬を受け取る場合や、ライターやエディターとして記事を執筆し、報酬を受け取る場合などが該当します。

フリーランスの場合、副業収入が一定額以上ある場合は所得税や住民税の確定申告が必要です。具体的には、その年の収入が20万円以上の場合には確定申告が必要となります。また、フリーランスとしての経費は、報酬から差し引くことができるため、収入を抑えることができるメリットがあります。

具体的なフリーランスの確定申告手続きは、税務署での窓口申告や郵送での申告、PCやスマホを使ったオンライン申告、または税理士に依頼する方法などがあります。各々の手続き方法について、詳しく解説していきますので、それぞれのケースに合わせて申告手続きを進めましょう。

サラリーマン・アルバイト編

会社員やアルバイトをしている方が副業をしている場合、確定申告は必要なのでしょうか?実は、副業で得た収入によって所得税や住民税が発生する場合、確定申告が必要になります。しかし、収入が一定の範囲内であれば、確定申告は不要な場合もあります。例えば、年収20万円以下である場合や、源泉徴収票に記載されている所得税が収入の範囲内である場合などです。しかし、確定申告をしないことによって、節税のメリットが得られないこともありますので、注意が必要です。

フランチャイズオーナー編

フランチャイズオーナーとして副業をしている場合、確定申告の手続き方法について知っておく必要があります。まず、フランチャイズビジネスによる収入は、給与所得ではなく事業所得として申告する必要があります。具体的な手続き方法は、経費の計算や決算書の作成が必要となります。フランチャイズオーナーの場合、売上げに対して支払ったロイヤリティや広告宣伝費などの経費を控除することができます。また、仕入れ費や運送費、人件費なども経費にすることができます。しかし、経費の計算が難しい場合や税務に関する知識が不足している場合は、税理士の協力を得ることをおすすめします。税理士に相談することで、より効果的な節税方法や申告の手続きをサポートしてもらうことができます。

不動産投資家編

不動産投資家として副業をしている場合、確定申告の手続き方法はどのようになるのでしょうか。

まず、不動産投資による収入は原則として「所得税」と「住民税」の両方に課税されます。ただし、利益の額や所有物件の数によっては、「青色申告」によって税率を低くすることができる場合もあります。

不動産投資家の場合、所得税の申告方法は、特別な事情がない限りは一般的に「青色申告」が適用されます。青色申告をするには、まずは所得税の確定申告書「平成○年末確定申告書」を提出する必要があります。

具体的な手続き方法は、電子申告書を利用する場合はパソコンやスマートフォンから申請し、紙の書類を提出する場合は税務署に直接持参するか郵送します。また、取得費や修繕費などの経費は、確定申告の際に経費として計上することができます。さらに、不動産投資で発生した損失も翌年以降の所得と相殺することができます。

ただし、不動産投資による収入が少ない場合や経費がほとんどない場合、青色申告をするメリットが少ないこともあります。そのため、具体的な申告方法や必要な書類については、専門家である税理士に相談することをおすすめします。

証券投資・FX・仮想通貨トレーダー編

証券投資やFX、仮想通貨のトレードによる収入がある場合、会社員の副業として確定申告が必要なケースもあります。所得税がかかるため、確定申告を怠ると税務署からの指導や罰則を受ける可能性もあります。また、確定申告をすることで経費を計上することもできます。例えば、トレードのためのパソコンや通信費、書籍などは経費にできます。ただし、経費として認められるのは必要なものに限られるので注意が必要です。詳しい手続き方法は窓口での申告や税理士に委任するなど様々ありますが、自身で確定申告を行う場合は注意事項を確認しながら進めることが重要です。

確定申告までの手順〜4つの申告方法

副業をして収入を得た場合、確定申告が必要なことはご存知ですか?副業で得た収入には、経費として申告できる項目もありますが、それについては後ほど詳しくご説明します。まずは、確定申告の手続き方法について解説します。

まず、窓口での申告方法です。確定申告の季節になると、市区町村の税務署に行って申告する方法が一般的です。必要な書類を揃えて税務署に持参し、担当の職員に申告書類の作成や所得計算の説明を受けます。手続きについて疑問や不明点があれば、担当の職員に質問することもできますので、安心して相談してみましょう。

次に、郵送での申告方法です。窓口への来署が難しい場合や、時間に余裕がない場合に利用されます。税務署に必要な書類を郵送し、指定された期限までに到着させる必要があります。手続きの詳細については、税務署のホームページなどで確認してください。

また、PCやスマホを利用してオンラインで申告する方法もあります。税務署のWebサイトから所得税の確定申告書をダウンロードし、必要事項を入力して提出します。オンライン申告は手続きが簡単で、自宅や外出先からでも申告ができる利便性があります。

最後に、税理士に委任する方法です。自分で申告するのが難しい場合や、確実に申告を済ませたい場合には税理士に依頼することもできます。税理士には専門的な知識があり、申告書作成や相談に応じてくれます。料金がかかることもありますが、確実かつ適切な申告ができるメリットがあります。

窓口での申告方法

窓口での確定申告は、税務署へ直接行って行う申告方法です。まず、申告書類を用意し、税務署の受付窓口へ向かいます。窓口での申告は、税務署の職員が直接相談に応じてくれるため、手続きに不安がある場合や疑問点がある場合には特におすすめです。

申告書類は、申告書や所得の計算に関する書類、収入や経費に関する証明書類などが必要となります。具体的には、確定申告書(所得税・住民税の申告書)、源泉徴収票、給与明細書、領収書、請求書、銀行取引明細書などが挙げられます。

窓口での申告では、税務署の職員が提出書類を受け取り、内容を確認します。必要であれば、提出書類に不備がある場合は指導を行ってくれます。提出書類に問題がなければ、確定申告が完了し、確定申告書に印鑑を押印してもらうことで受理されます。

窓口での申告は、手続きの際に職員と直接対話できるため、疑問点や不安がある場合には積極的に利用しましょう。また、窓口での申告には受付窓口の営業時間に合わせて行わなければならないため、事前に営業時間を確認しておくことも重要です。

郵送での申告方法

確定申告をする方法の一つに、郵送での申告があります。この方法では、申告書類を自宅で記入し、税務署に郵送することで確定申告を行います。まずは、必要な書類を揃えましょう。所得税や住民税の申告には、確定申告書、但し書き、源泉徴収票、給与明細などが必要です。この他にも、副業の経費を申告する場合には、領収書や請求書なども必要となります。申告書類の記入には、細心の注意が必要です。間違いがある場合、再提出や追加の手続きが必要となり、手間や時間がかかってしまいます。そのため、確認を丁寧に行いましょう。書類の記入が完了したら、税務署への郵送を行います。申告書類は、書体に注意して印刷し、梱包や送付方法にも注意を払いましょう。また、申告期限を厳守することも大切です。遅れてしまうと、ペナルティが課される可能性があります。郵送申告は簡便な方法ですが、記入や送付には細心の注意が必要ですので、十分な準備を行ってから行いましょう。

PCやスマホでのオンライン申告方法

確定申告をする際に、手続きを簡略化するためにオンラインで申告する方法があります。自宅や外出先からでも簡単に行えるため、多くの人に利用されています。

まず、オンライン申告をするためには、専用の申告サイトにアクセスする必要があります。国税庁や各自治体のサイトなどで利用できるため、事前に利用できるサイトを確認しておきましょう。

申告サイトにアクセスしたら、必要な個人情報や収入・経費の詳細などを入力していきます。ここで、事前に必要な書類やデータを用意しておくとスムーズに進めることができます。

入力が完了したら、申告データを確認し、誤りがないかを確認します。間違いがあった場合は修正しましょう。

最後に、申告を送信します。送信後は、受付番号や申告内容の確認画面が表示されることがあります。これらを保存しておくことで、後から確認することができます。

オンライン申告は非常に便利ですが、注意点もあります。セキュリティ対策や操作方法に慣れる必要があるため、初めて利用する場合は十分な準備をしておきましょう。

全部任せてしまう税理士依頼の方法

確定申告について何も心配したくない方には、税理士に依頼する方法があります。税理士に依頼すれば、あなたが行うべき手続きや書類の作成などを全て任せることができます。税理士は専門家なので、確定申告に関する法律や手続きに詳しいですし、経験も豊富です。また、税理士に依頼すれば、経費の計算や節税のアドバイスなども受けることができます。税理士に依頼すれば、手間や時間をかけずに確定申告を済ませることができるので、忙しい方にもおすすめです。ただし、税理士に依頼する場合、その費用がかかることも念頭においておく必要があります。しかし、専門家に任せることで、確定申告に関するトラブルやミスを防ぐことができるので、安心感も得られます。

確定申告を社内秘密にする方法とは?

会社員の副業で確定申告が必要な場合、一番気になるのはその情報が勤め先に知られないかどうかですよね。実は、確定申告を行う際には勤務先に報告する必要はありません。ただし、注意すべき点もあります。まずはいつ報告するかですが、副業が始まる前や副業開始の時点で必ず報告する必要はありません。しかし、確定申告期限がくるまでには必ず報告しておくべきです。報告のタイミングは、会社が副業を禁止している場合や副業内容が競合する場合には早めに報告することをおすすめします。また、会社との信頼関係を大事にしたい場合にも早めに報告することで信頼を築くことができます。

確定申告を怠ったらどうなる?―知っておくべきペナルティ

会社員の副業で収入を得ている場合、確定申告を忘れるとどうなるのでしょうか?実は、確定申告を怠ると税務署からの税務調査や追徴課税、罰則金などのペナルティを受ける可能性があります。まずはじめに、確定申告をすることの重要性をお伝えします。

確定申告は、収入や経費などを正確に申告することによって公平な課税が行われる仕組みです。収入が20万円以上あれば、確定申告が必要とされています。また、副業での収入も申告対象となりますので、収入が少額でも確定申告が必要となる場合もあります。例えば、20万円以下の収入でも主たる収入に合算される場合や、控除の申請が必要な場合などです。

では、確定申告を怠った場合、どのようなペナルティが課せられるのでしょうか?税務署による税務調査が行われる可能性があります。税務調査では、遡及して所得や経費を詳しく調査され、不正な申告があった場合には追徴課税が行われます。また、意図的な申告漏れや虚偽の申告を行っていた場合には、罰則金の支払いや刑事罰の対象となる可能性もあります。

確定申告を忘れると、さまざまなトラブルに巻き込まれる可能性があるため、しっかりと申告を行うことが重要です。節税や税金のしくみに不慣れな方にとっては、税理士への相談や申告代行サービスの利用もおすすめです。確定申告の煩雑さや難しさに悩まされず、安心して副業を楽しむためにも、確定申告をきちんと行いましょう。

確定申告、それほど難しくない!締めくくりに

いかがでしたか?確定申告は難しそうに思われるかもしれませんが、実際に手続きをしてみると意外と簡単です。自分で確定申告をする場合は、必要な書類をそろえて、税務署へ提出するだけです。PCやスマホを使ってオンライン申請をすることも可能ですし、税理士に依頼して手続きをしてもらうこともできます。また、副業で得た収入が20万円以下の場合でも、確定申告が必要なケースがありますので注意が必要です。さらに、確定申告を怠るとペナルティが科される可能性もあるため、適切な手続きを行うことが重要です。確定申告に関する情報をしっかりと把握して、スムーズに手続きを済ませましょう。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、会社員の副業において確定申告の必要性や影響、経費にできる科目などを分かりやすく解説しました。副業で20万円以上の収入を得た場合は確定申告が必要となりますが、それ以下の場合でも注意が必要です。また、青色申告は会社員でも可能であり、節税のメリットがあることも紹介しました。ただし、確定申告が必要なケースには例外も存在し、副業の種類によっても申告の手続き方法が異なります。最後に、確定申告までの手順やペナルティなどについても解説しました。ぜひ、これらの情報を参考にして、確定申告について正しく理解しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました